18 2017

Pyöriikö pulikan alla? 回転する皮。


kuori500.jpg


ここしばらく、Karjalanpiirakka カリヤランピーラッカ の皮を伸ばすことにムキになって
ます。いや、いちいち皮を一枚ずつ伸ばす、なんていう手間のかかることはフィン
ランドの職場ではしないもんなので、フィンランドでも学べなかった技のひとつ。

ちなみに職場ではパイローラーで生地を丸ごと薄く伸ばし、型抜き。
楽ちんで早い。でも、これは技ではない。

フィンランドにピーラッカ麺棒というのがあって、シュウマイ麺棒のように両端が
細くなっている… わら納豆みたいな形をしている麺棒なんですが、これで皮を伸ば
すと皮がちょこちょこと回転してくれるんですがね。やみくもに適当に麺棒を動か
していても、ちょろっとも回転してくれません。自分で回すという屈辱。

麺棒 「回らないのはオマエのせいだから。」
私  「すいません、努力します。」

そういう麺棒です。

昔、カレリア出身の人たちが集う年一回のお祭りを見に行ったときに、見慣れない
ピーラッカ麺棒で皮をくるくる回しているおばさまを発見し、なんだあの神様は!
と見惚れたことがあります。

それを見て以来、『ピーラッカの皮伸ばし』 をナメてはいかんと思い、あんな技を
自分も身につけてやろう!自分もあんなふうにくるくる回したい!と。

これまではフィンランドで買ってきたピーラッカ麺棒を使っていたんですが、使っ
ているうちに、ど~も違うような気がしてきた。なんというか、麺棒に無駄がある
感じがする… てな時に思い出したのが、例の神様が使っていた麺棒。

なんであんな形をしているのか?と理由がわからなかったんですが、とりあえずは
何でも真似することが肝心。自分で作ってみたら…

おぉ~回る回る!!
おぉ~使いやすい!!


やはり神様だけあって道具にもこだわる。神様はやっぱり違いますな。
神様麺棒は回転が大きくて、無駄がない。バランスを取りやすい。

もともとピーラッカ麺棒は、手の位置、力の入れ加減、動かし方がズレてしまうと
均一に薄く伸びず、ガタガタになってしまう不安定な麺棒なので、コツをつかんだ
とは言え、まだ手こずってます。

これ、物理学が理解できる脳みそなら、麺棒と対話できるんでしょうかね?

まぁ無いものねだりなので、頭使わず、身体で覚えます。


Kiitos lukemisesta ja tervetuloa uudelleen.




スポンサーサイト