24 2017

Näytteet サンプル


jauhot500.jpg


忘れた頃に届いたサンプル。


2月に行った製菓製パンの見本市で話を聞いたり、アンケートに答えたついでに
お願いしたサンプルがここ最近になって届きだしたので、あ~そういえば…と思
い出し、忘れることなく無料で送ってもらえることに感謝です。

見本市に行っても、けっこう業界の仲間内で盛り上がっているような空気が流れ
ていて苦手なんですが、使えそうな商品やアイデアがないかを見たり、探したり
するのは楽しいので、ひとり地味に黙々と見て回ります。

仕入れ問屋でないと手に入りにくいもので、使ってみたい商品はサンプル依頼を
します。こういうイベントだと、まとめて気軽にお願いできるので。

今回は強力粉、サワー種、ジャムのサンプルをお願いしました。

強力粉は通常よりも灰分が多めで、うっすらと色がついている粉。この粉は以前
に試したことがあって、食事パンに使うと全粒粉ほどはクセがなく、白い強力粉
を100%使ったパンよりも風味が出るので、ぜひ使いたい粉です。ただ、菓子
パンには合わなかったというか、わざわざこの粉を使う理由がなかった。

サワー種はいまも悩みの種。フィンランドでは raski ラスキ と言ってるんですが、
ラスキがなくても合格点であろうライ麦パンのレシピを試行錯誤で完成させつつ
あるので、そのレシピでいこうか…どうしようかと。

やっぱり手間暇、管理の問題が大きいんですよね。店の規模や商品構成や製造の
面でそこまで自分で出来るのか?という問題。こだわる部分でもあるんですけど、
こだわりすぎて自分で自分の首を絞めかねない。これ以外にもやることは山ほど
あるのでね…。

そこで試しに、もう作ってくれているサワー種を使ったレシピを考えてみようと。
楽して合格点を取る作戦。

ジャムはなかなか理想のジャムが見つからず、これまた頭が痛い。
焼成用のジャムなんですけど、日本のジャムは大概ゆるめなんですよねぇ…。
もう少しかためでパン生地がふくらんでも留まってくれるジャムが欲しいのです。

で、日本にはラズベリージャムを取り扱っているメーカーが少ないのも困ります。
イチゴ、オレンジ、ブルーベリー、桃、リンゴはあってもラズベリーがなかなか。
フィンランドではイチゴかラズベリーかというぐらいの存在感なんですけどね。


フィンランドの製菓製パン材料を当然のごとく使っていたので、日本で作ること
になると壁が何枚もある。自分で作らないといけない材料もちょこちょこあって、
試作=実験という感じ。なんなら道具だって作っちゃうよ?という。

ないんですよ、とにかく、いろいろ。
フィンランドにはあっても日本には。


やることがいっぱいすぎて、頭が動きません。


Kiitos lukemisesta ja tervetuloa uudelleen.




スポンサーサイト