category: VALITUKSET ぼやき  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

Omat tarpeet ja toiveet こだわり

なんかねぇ… はぁぁ。設計を依頼するときに、じゃあお願いします、だけでこっちの望みがわかる、ドンピシャな感覚を持っているのであれば話は早いですよ。でも、そんなことあり得ない。だから、自分が必要とすること、望むことをリストにして見せるわけです。自分の頭の中にあるイメージやら希望を相手にわかってもらえるように言葉を探して、必要なら品名やサイズも調べて資料を作って持っていきます。メモ程度の箇条書きでは正確...

  •  -
  •  -

Luottamus on tärkeää. 信頼

予算には到底届かず、一からやり直し。また振り出しに戻って、紙は真っ白な状態なのが、今。そして、設計士さんとのメール。いい加減にしろっての~ったく、たいがい疲れてきましたよ…。同じことを強調して伝えているのに、まだ言うか?!っていう。こだわりがある部分にコストがかかっているのはわかってるんです。でも、こだわりがあるから、その部分をコストカットの変更要件にするのは一番最後にしてッ!と言ってるのに…『〇〇...

  •  -
  •  -

Minua ärsyttää! イライラ

設計士さんとのやりとり。なんか…イライラする。いや、予算を最初に伝えていながら、それに全く見合わない設計を提案してきたのは誰なのよ?という話で。予算が大幅にオーバー、どう考えても相場より高すぎじゃないですかね?とその原因について、設計士としてどう見当をつけているのか?を聞いてみたところ… いろんな理由を並べるわりに、結局はそっちの予算が少ないのに、望むことが高いんですよね~、オリンピック前で高騰して...

  •  -
  •  -

Pysähdy ajattelemaan! チョイ待て。

設計士さんから変更点をどうするか?の催促っぽいメール。前回の打ち合わせで決めた減額案からの概算見積りがまだ出ていない時点で、今のプランを基本軸で話を進められてもね…。どう考えても減額案で予算まで落とせるオーバー額じゃないと思うんですケド。「規模が小さいから、ちょこちょこ小さい部分を落としても大して落ちない。」と言ったのは設計士さんのほう。まずは減額案でどこまで落ちたのか?を知らないと、今のプランあ...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。